草刈 善光 | ジョンソンホームズ中途採用サイト

kusakari_title

以前はどんな仕事をしていましたか?

新卒で設計事務所に勤務したあと、大型施設の施工管理を行うコンサルタント会社に移りました。そこでは、改装工事の図面作成を担当していました。お客さまから要望を聞き取り図面を引くだけではなく、会社の利益につながる提案をプラスアルファしていく営業的要素も含む仕事内容でしたので、その分、勉強になることが多かったですね。

転職を決めた理由、ジョンソンホームズに入社を決めた理由は?

30歳を前に、自分が本当にやりたいことは何かと考えたとき、それが個人住宅の設計でした。その中でも興味を持ったマンションリノベーションに携われる会社に絞って、転職活動をしていました。ネットで求人情報を探していたところ、ジョンソンホームズで募集がありまして。
ジョンソンは、ライフスタイルショップのinZONEを運営していて、いろいろな住宅ブランドを展開しているところも魅力的でした。面接の際に、「THE 100 VISION」というグループ全体の理念のお話があり、100の事業をつくるんだというその中身を 知って、勢いがある楽しそうな会社だなと感じて、入社したいと強く思いました。

  • photo
  • photo

​業務内容についてお聞かせください

希望通り、中古マンションリノベーションブランドのM+からスタートしました。現在は新たに立ち上がった、イエピタマンションというマンションリフォームを専属で担当しています。お客さまと直接間取りプランや内装の打ち合わせをして、こだわりや想いを汲み取りながら、物件ごとの状況に合わせて暮らしの場を設計していくのは面白いですね。
仕事を進める上で特に大事なのは、時間の使い方だと感じています。設計部署全体で早く帰ることを意識したり、部署内で業務向上会議なども行われています。入社する前とギャップに感じていることはないですね。楽しく仕事をしていますし、オーナーさまに幸せな暮らしを送ってもらうための委員会活動を含めて、充実感を持って働くことができています。

ページ上部へ戻る