江口 翔太 | ジョンソンホームズ中途採用サイト

eguchi_title

なぜ、inZONEに入ろうと思ったのですか?

もともとデザインに興味があり、洋服が好きで、インテリア、販売にも興味を持っていたからです。宮の森にオープンしたばかりのinZONEで求人があり、面接を受けたその場で採用になりました。その頃の僕は就活に適した見た目ではなかったのですが、外見ではなく、ファッション関係も含め自分のやりたいことを理解してくれたことが新鮮でした。
そもそも住宅会社でライフスタイルショップを運営し、お客さまに様々なことを提案していくそのこと自体が新しいというか。興味のある分野で、やりがいを持って仕事ができそうだと感じました。

店長に就くまでの経緯を教えてください

販売スタッフとして仕事をしている中で、「店長をやってみないか」と声をかけてもらいました。でもその時は自分の中ではまだタイミングではないと感じて断ったのです。その一年後、23歳の時に再度、「inZONEが上を目指していくために改革を任せたい」と話がありました。
成長が早いタイプではないことを自分自身でわかっていましたので、過大評価では?と感じましたが、伸びしろのようなものに期待をかけてくれたのかなと思います。

  • photo
  • photo

業務内容についてお聞かせください

inZONE札幌駅前の店長として、もの、ひと、そして情報発信など、店舗運営に関わるすべてをマネジメントしています。お客さまの満足度をあげるために、どんな企画を立て工夫をしたらいいのか。そのことを考えたり、新事業のプロジェクトに関わったり、ショップや会社が動く、動かすところに関われることはやはり楽しいですし、充実感があります。

スタッフのみなさんに対して心がけていることは?

日常の仕事の中では、スタッフの内面的なケアにもっとも気を配っています。ここを、一人ひとりがやりがいを持って輝ける場所にしてほしいという想いが強くあります。ですので、悩みや困っていることがないか、こまめに声をかけるようにしています。このことが、スタッフが楽しく働けることや成長につながっていくのは、なにより嬉しいことです。
僕が会社にそうしてもらったように、今度は自分がスタッフのみんなに未来を見てもらえるようにしていきたい。そう思っています。

今後のビジョンを教えてください

第一には、スタッフ全員が活躍できる場をつくり続けることです。そして、食とファッションに関わる部分を新たに取り入れ、inZONEから「衣食住」のライフスタイルをトータルで提案できるようにしていきたいと考えています。現場に任せるところは任せ、意見を聞いてくれる会社ですので、やるかやらないかは自分たち次第です。
僕自身としては、評価してくれチャンスを与えてくれた会社に恩返しをしたいという気持ちが大きいですね。そのことが、仕事に向かういちばんのモチベーションになっています。

ページ上部へ戻る