谷本 泰 | ジョンソンホームズ中途採用サイト

tanimoto_title

以前はどんな仕事をしていましたか?

横浜に本社がある、ジュエリーディスプレイのトータルプロデュースをする会社で営業をしていました。ジュエリーメーカーやブランドへ、コンセプト・企画に合った店舗空間や、ディスプレイを提案していく仕事です。
横浜を拠点に全国各地を歩きました。大企業から地方の小売店まで様々な会社とお付き合いすることができ、大きなプロジェクトも担当させてもらった濃く充実した7年間でした。

なぜ、ジョンソンホームズで働きたいと思ったのですか?

札幌へ戻ることになり次を考えた時、人が生きるために必要な「衣食住」に関わる仕事がしたいと思いました。特に「住」は、自分の中で重きを置いていた部分。M+の求人でリノベーションという言葉を見て、調べていくうちに興味を持ちました。
ジョンソンホームズは幅広くライフスタイルに関わる事業展開をしていて、そこに魅力を感じましたね。転職イベントに参加して、部長と話をする機会がありました。印象は「面白い人がいる、面白そうな会社」。その時に自分はこの会社に入ると直感しました。社長面接で「うちの会社は、幸せじゃないとやっていけない」と言われました。自分自身が幸せでなければ、「人を幸せにする」使命は果たせないと。衝撃的でしたね。

  • photo
  • photo

ジョンソンホームズは、どんな会社だと感じていますか?

面白そうな会社だと思っていましたが、想像した以上に面白いです。「モノゴトに対する考え方を発信する」というのもそうですし、様々な委員会があって、社員が自発的に動いて会社の運営に関わることもそう。ブランド間、営業間を含め、人と人のつながりが強い会社ですね。
それと、任せられる部分が多い。言われたことに対して、何だろう?というところから考え、プラスαしていくのは自分には合っています。その分、大変な面もありますが(笑)。より積極的である方が学ぶ機会が多いと思います。

担当業務についてお聞かせください

前職はBtoB、今はBtoCですが、お客さまを想う気持ちは変わりません。ただ、固定したお客さまを担当するわけではないので、毎回出会いがあり新鮮です。お客さまにM+の説明をしたり、どんな会社かと聞かれお話をしたりするのが楽しいですね。
役割としては、M+のアドバイザーと、ブランド・マネージャーを担っています。ブランドのビジョンを実行するためにはどんなプロセスが必要かを考え、戦略的なことがうまくいくとやはりやりがいを感じます。

今後のビジョンを教えてください

新築・中古の戸建てやマンションから見ると、リノベーションはまだ、選択肢のひとつとして確立されているわけではありません。世の中にリノベーションを定着させていきたいですし、「M+でよかった」という人をたくさん増やしたいですね。自分自身、上昇志向が強いタイプですので、ブランドを見ることに留まらず、いろいろなプロジェクトに関わっていけたらと考えています。

ページ上部へ戻る